平成懐徳堂

「すごい」の記録と共有。

世界遺産・萩/松下村塾、三角州、安山岩

 近頃世界遺産がアツい。

 僕はこれまでスペインを二回訪れていて、いずれもカトリック聖地巡礼のようなことをした。合わせて2000km程歩いたこの道は、「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミノ・フランセスとスペイン北部の道」として「道の遺産」に登録されたものだった。つまり特定の建造物とか地域ではなくて、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに向けて整備された巡礼路そのものが世界遺産となっている。

 だから毎日歩いていると、その道を世界遺産たらしめている教会やらなんやら――いわゆる構成資産――をしばしば目にした。だけど正直なところ、背景を知らないと人間あまり心に響かないもので。自分でもなんだか勿体ないなあ、と感じていた。

 そんな思いもあって、近いうちに旅行に行きたいと思っている中国地方、特に山口県の萩が世界遺産となった背景を整理しておきたい。つまり勉強ノートのようなものですが、よろしければご参考にどうぞ。なお、大まかな流れはNHKブラタモリ」を参考としている。

湿地帯が造り、湿地帯が残した街 

 萩は2015年、「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録された。

 毛利輝元(1553~1625)は関ヶ原の戦いに西軍総大将(名目上)として出陣するも敗れ、家康によって領地の大部分を削られる。その上で長門国の未開の地・萩に築城することを命じられたため、嫌が応にも開拓を迫られる。

    萩は海と二本の川に囲まれた三角州で、湿地帯だった。つまり地盤が弱く、建造物が倒壊・腐敗しやすい。大変ですね。

 しかしこの地が後に毛利三十七万石の地となり、日本を動かす人材を多数輩出する。藩校としては日本三大学府の一である明倫館があり、木戸孝允(1833~1877)や吉田松陰(1830~1859)。さらに松下村塾を通じては高杉晋作(1839~1867)、伊藤博文(1841~1909)、山県有朋(1838~1922)、また桂太郎(1848~1913)、田中義一(1864~1929)らが出る。桂太郎田中義一は年代的に、松陰の教えは受けていないですね。まあ何というか、歴代内閣総理大臣だらけですごい。


 ただ今回の主題は世界遺産いかにして未開の地・萩は開拓され、またその遺産が現代にまで残されたのか?

 萩は元々は三角州ゆえの湿地、プラス砂丘による高台という地形を有していた。必然的に地盤は不安定。だからこそ未開拓であったのだが、ここで白羽の矢が立ったのが付近の火山群、阿武火山群だった。萩からは海路で3km程度の距離しかない。

 萩の城下町は、この火山から切り出された安山岩を用いて固められた。さらに、海底に沈んだ火山帯は絶好の漁場となり、雲丹や鮑といった特産品を産んだ。これらが町に利益をもたらし、萩の町を形成してゆく。

 しかしここまでは、当時として特筆すべきほどのことではない。問題は、なぜこの町が現代まで残されたかということだ。

 萩は江戸期に開かれていったとはいえ、なお人が住めない低湿地は残されていた。この余剰の地が鍵となる。

    そもそも一般論を述べれば、現代まで古い町並みが残りづらいことの要因の一つに、限られた良い土地に重要な施設を建設したいという当然の思考がある。明治以降、役場や警察署といった公共施設などを作る際には、それまで良い土地を占有していた江戸期の武家屋敷を取り壊す必要があった。しかし萩には、わざわざ取り壊しまでせずとも、ほんの数キロメートル視野を広げれば、未だ未開墾の(正確には田として利用されていた筈ではあるが)土地が残されている。ならば近代の技術を用いて、ここに新たな施設を設ければ良い。

 つまり萩の地は、湿地帯であったが故に未開拓の地が明治期まで残されており、よって新たな施設の建造のために江戸期の武家屋敷等を壊す必要がなかったのだ。この残された屋敷群、すなわち「萩城下町」こそが現在登録されている世界遺産指定地域である。なるほどー。

 以下私見世界遺産明治日本の産業革命遺産」の登録基準は(ⅱ)と(ⅳ)である。萩に関していえば主に(ⅳ)、すなわち「人類の歴史上において代表的な段階を示す、建築様式、建築技術または科学技術の総合体もしくは景観の顕著な見本」が適切かと思うが、要するに残されているってことが世界遺産に登録されるに当たって重要だ、ということ。

 正直な感想を言ってしまえば、萩の武家屋敷群は「何が何でも残すだけの価値があった」という類の遺産ではない。どちらかといえば、その風土的特質によって結果的に残された遺産だ。勿論、明治以降の人々はこれらの遺産群を丁重に保持してきたのだと思うし、そのことが我々にとって大きな価値を有することは言を俟たない。だが当時の建造物群における基準を考えたとき、萩の価値は必ずしも自明でない。

 要するに、長い年月を経て残っている・アンティークであるということがそのまま価値とみなされるのも世界遺産なのだ。「古い」でいい。「古い+すごい」じゃなくてもいい。この辺りを勘違いしたまま「世界遺産」という見出しにつられてあちこち旅行していると、「ん?」となる時がある、かもしれない。

 そんな風に自身のスペイン放浪を思い返していたのです。

 

 

中島敦『悟浄出世』/公案、世界観、内村光良

 ふと何かしらの物事について、自分だけがこれを疑問に思っているんじゃないか、と考えることがある。これは僕個人の経験を語っているのではなくて、一般論と確信した上で言っているのだ。得てして辞書やGoogleに頼ってみても解決しないような、だけどそれ以上追求するほどでもないような。そういう種類の疑問が、間違いなく僕らの周りには存在している。あるでしょう、そうでしょう。

 

 そこで追求を止めない男の姿を、中島敦は描いた。それが『悟浄出世』の悟浄だ
 悟浄は「自分」というものに疑問を持ち、答えを求めてあらゆる賢人に教えを請う。しかし肩透かしの連続で、彼を納得させる答えは返ってこない。ある賢人曰く、「長く食を得ぬ時に空腹を覚えるものが儞(おまえ)じゃ。冬になって寒さを感ずるものが儞じゃ」。またある賢人曰く、「先ず吼えて見ろ。ブウと鳴くようならお前は豚じゃ。ギャアと鳴くようなら鵞鳥(がちょう)じゃ」。この辺りはあたかも公案のようで、コメディタッチなのだが中々味わい深い。

 

 こんなやりとりが繰り返されると、禅僧でもない悟浄は、賢人たちに対して次第に不満を募らせてゆく。以下引用。

最早誰にも道を聞くまいぞと、渠は思うた。「誰も彼も、えらそうに見えたって、実は何一つ解ってやしないんだな」と悟浄は独言を云いながら帰途についた。「『お互いに解ってるふりをしようぜ。解ってやしないんだってことは、お互いに解り切ってるんだから』という約束の下にみんな生きているらしいぞ。斯ういう約束が既に在るのだとすれば、それを今更、解らない解らないと云って騒ぎ立てる俺は、何という気の利かない困りものだろう。全く。」(『中島敦全集2』ちくま文庫 1993、140頁。)

 悟浄が自ら語る通り、彼はまるで気の利かない、子供のような男なのだ。「なんでなんで」を繰り返すばかりで暗黙の了解を知らない。そして知る知らないに関わらず、不文律を破れば報復を受けるのが世の常である。悟浄は天界の声に従って、苦しい旅に赴くことになる。その旅というのが、孫悟空三蔵法師と連れ合う所謂『西遊記』である。*1

 

 本作品の根底に流れるのは、疑問に立ち向かうことに伴うリスクの存在である。しばしば見逃されがちではあるけれど、みんな心の何処かでおそらく経験的に、このリスクを理解している。 
 「外国を旅したら、世界観が変わった!」に違和を感じるとしたら、要因の一端はここにあるんじゃないかと思う。旅じゃなくても、この本を読んだらとかこの映画を見たらでも同じように、世界観が変わるほどのリスクがそこにあったのか?その程度のリスクで変わる程度の世界観だったのではないか?大事なところが欠けている。
 対して悟浄は、全てを抛ってひたすらに世界観を変化させようとしているのだ。なんて馬鹿な奴だと後ろ指を指されることも厭わないし、一言の諫言を五十日間座り続けて待ちもする。本来、こういうことなのだ。

 僕はいつの間にか、世の中に蔓延る不文律を(たぶん、だいたい)理解してしまったし、リスクを被ってまでそれを破ろうとも思わない。だけど疑問に立ち向かいたい、という幼心は残っている。だから悟浄にその思いを仮託して、ああ、青春だなあとしみじみするのです。

 ちなみに僕は、沙悟浄といえば内村光良*2派。

*1:この旅は『悟浄出世』の続編である『悟浄歎異』で描かれる。中島は二編を合わせて「わが西遊記」としている。

*2:尊敬しています。特に顔芸。

『CUVE』/皮肉、放任主義、希薄な可変要素

 ふと目を覚ますと、立方体をした空間に一人。各面に扉が一つずつ。いずれかを開けてみると、また同様の部屋が広がっている、、。彼は仲間を見つけ、彼らと助け合い啀み合い、その不気味な施設からの脱出を目指す。そんな誰にでもある*1経験を描いた映画。

 

 誰が何のために、彼らをこうした状況に陥れたのか?我々視聴者はそれを疑問に思う。況んやCUBEに閉じ込められた登場人物たちをや、である。
本作品の主題は、この疑問の答えを解明することではなく、この疑問に対する、各個人の向き合い方の描写にある。

 ある者は自分に罪がないにも関わらず閉じ込められたことを嘆き、ある者は一歩進んで、悪の親玉…例えば政府や多国籍企業…の存在をあれこれと考える。

 またある賢明な者は、議論をあれこれと巡らせることなど無意味で、とにかく出口を見つけようとする。僕はどちらかというと合理的な考え方を好むので、そうそうそれがいいよ、と思った。というか、前者のような考え方をする人々が極めて感情的に描かれるので、どうしてもこちらは愚かなように我々の目には映る。

 しかし印象に残るのは、デヴィット・ヒューレットが演ずる無気力な男、ワースの主張だ。彼はエンジニアとして、CUBEの設計に関わったことを打ち明けている。以下日本語版字幕の引用。

「理解できまいが、陰謀などない。誰にも責任はない。計画を誤ったための愚かなミスなんだ。分かるか?悪の親玉などいない。……建造の目的は、どこかに行っちまった。これは忘れられた永遠の公共事業さ。誰も尋ねない。大事なのは保身と給料だけさ」(37:20ごろ)

 彼が言いたいのは、とにかく現実的に目前の問題に取り組む姿勢こそが、自分たちを包む立方体を産み出したのだということだ。ワース自身を含め、CUBEを作り上げた一人一人でさえ、これが一体何であるのかを知らない。しかしそれは、目の前の問題だけに懸命に(保身と給料のために)取り組んでいたからこそなのだ。それはまさに、CUBEに閉じ込められた6人の態度と同様である。ここに皮肉がある

 

 さて、それならワースの言葉が冒頭の疑問の回答たりうるか、というと、そんなこともない。最後まで彼らが閉じ込められた意図は明かされないのであって、ワースの態度もまた、作品中では一つの考え方に過ぎないのである。設定そのものへの回答も無ければ、設定への向き合い方についても正解が示されない。こういう放任主義が、僕は割と好きなのだ。

 辛辣に言ってしまえば、「CUBE」の人物設定には深みがない。それぞれに脱出のキーとなる職業や能力が与えられていて、各人物はその役割に合わせたステレオタイプな性格をしている。これも個人的な印象ですが。

 でもだからこそ、余計な要素が切り捨てられて、「考え方」だけを並列に比較できる。要するに可変要素が希薄なので、一つのテーマが上手い具合に浮き彫りにされている

 

 こうした「含み」としての主題がある点で、「CUBE」は其処らのサスペンススリラーとは一線を画すと思う。
 大事なことが最後になってしまったけど、設定そのものが面白いんですよ。長々と余計な詮索をさせるだけの、魅力がある。

*1:僕にはいまのところない。